FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢ママが熱い時代に突入

kage

2018/06/13 (Wed)

08_3_011yo.jpg
母子相姦大好き!
高齢ママ大好き

変態中年息子
江呂塚貫蔵です。

高齢実母、ママ、
お袋、お母さん、
0002

かあさん、が
大好きな母子相姦
ファンの皆様

こんにちは。
FILE10541.jpg

いかがおすごしで
しょうか。
ーーーーーーーーーーーー
0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e37.jpg

今、母子相姦が熱いです

今頃何をと言われそうですが・・・

コンビニの成人本コーナー

アダルト書店

古本屋さん

最近特に感じます

熟女本は増えています

以前は30代40代でした

人妻というくくりでした

だんだんと熟女の定義の

年齢層が高くなってきました

50代60代です

これでも僕は嬉しいです

そしてこれが全部

母子近親相姦ものならば

もっと嬉しいのですが

何か、少し異様な世間の

雰囲気を感じました

雑誌そのもののタイトルで

50代60代の母親を題材にした

雑誌が増えないどころか

コンビニからは減っているような
気がします

これって、人気がないからじゃ
ないと感じました

まあ、変な日本の慣習意見が出て
某局が指導しているんじゃないかと

男女関係の世界に年齢差はありません

古今東西いつの時代も
レアではありますが
年の差の男女関係はありました

時代の流れで、低年齢層の女性の
性表現はなくなりつつあります

まあこれは先進国を筆頭として
当然とは思います

若年女性はやはり弱い立場的な
位置付けですので僕も過激なものは
賛同しにくいです

それとは反対に女性の高齢化と
高齢女性の自立

結婚の高齢化、年齢の多様化は
女性にとって、男尊女卑の時代から
先進国の仲間入りができると
感じていました

変に難しい話になってごめんなさい

今僕が望むのは
カテゴリーの確立です

高齢熟女のひとくくりではなく

1.古希母と息子
(義理母とか婿ではなく)

2.還暦母と息子

3.五十路母と息子
(まあこれはありますね)
4.古希祖母と孫

これは、タイトルで明確に
確立したいです
欲しいですね

DVDはまだ結構ありますので
楽しんでいますが

DVDでも、以前のように
はっきり境界がなくなって
きてる気もします

サイトの動画などは中身は
熟女と若い男なのですが
タイトルは
Mom,stepmom,
Grannymom

等に変えているものも多いです
まあ、外人さんから見れば
日本語だとわからないので
会話の内容より見た目で
楽しんでいると思います

僕としてはもっと
映像中での会話に
“おかあさん”
“かあさん”
“ママ”
と言うセリフをもっと
沢山入れて欲しいです

母子交尾最中にもっと
母親と息子、ママと息子を
見ている方に訴えかけて欲しいです

逝くときに息子が
“お母さん、お母さん”
“ママ~、ママ~”
と、思い切り絶叫することとか

視聴者の中にももっと
リアル感を求めている人も
多いと思います

日本の慣習だと
古希の母親と50代の息子の
恋愛関係は先入観的におかしいと
言われるかもしれません

母親を昔から慕っている息子さんは
潜在的に母親への思いは
無くなっていない方も多いと思います

母親の若いころの写真で
エロコラージュ作っている
僕と同じ思いの人も多いと思います

昔は“オタク”の市民権は
あまりなかったと思いますが
今は、個性の時代ですので
市民権が確立しています
僕は嬉しいです

それと同じで
”マザコン”
”ムスコン”
趣味ももっとカミングアウト
出来る日本になってほしいです

フランスの大統領
いい人ですね

今日はこの辺で

すみませんでした~
(´▽`*)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 18:39:18 2018/08/16 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。