FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママの性教育の成果01

kage

2017/08/21 (Mon)


08_1_041ya.jpg
★母子相姦大好き!
高齢ママ大好き

変態中年息子
江呂塚貫蔵です。

高齢実母、ママ
お袋、お母さん、
08_3_032yo.jpg
かあさん、が
大好きな母子相姦
ファンの皆様

こんにちは。

いかがおすごしで
しょうか。
08_2_005yu.jpg
--------------------
10_1_013wa.jpg
ママから受けた
“性教育”の成果が
大学生になって
1人暮らしになって
成果が表れ始めました

普通のナンパは大学の
同級生で少し年上の
連中に教えて貰い
同世代の女の扱いは
彼らをお手本と
しました

10歳以上年上の女の
扱いは全てママからの
伝授です

僕から積極的にしなく
ても普通の生活をして
いると大人の女性や
主婦の女性の方たちと
関係は僕から見ると
自然に生まれて
きました

大学のナンパ慣れした
同級生に言われましたが
お前は黙って待っていても
女の子は寄ってこないぞ


事実バイクで一人旅
とかしていると
旅先で声をかけられた
くらいです
「バイクの後ろに
 乗せて」
とか

これから当時の
熟女(今で言う)
遍歴を描きます

先ずは近所に住む女性
で隣のアパートの二階
に住む30代位の女性
です

この女の部屋の台所の
小窓から僕の部屋の
内部が見下ろせる
ようで、休みの日に
僕が窓を開けて
エロ本を見ながら
オナニーをしてい
ました

偶然その女性が
玄関から出てきて
履き掃除を始めました
最初は気が付かなかった
のですがどうも
見られているよう
でした

次のオナニーの時
確信を得る為に
僕は直接見なくても
いい様に鏡を用意し
女の行動が分かるように
していました

実際僕がオナニー
始めると少し開いた
小窓が全開になり
ました

全開にしなくても
隙間から十分に
見えるのですが
わざと
「見ているわよ」
と意思表示している
ようでした

その日から僕は
彼女の部屋の小窓から
僕の部屋の中が見える
位置でハッキリと
オナニーが見える
ようにマスをかいて
いました

暫くするとオナニー
途中で女は玄関の
扉を開いて二階の
踊り場に出て地面に
視線を落とす振りをして
履き掃除をわざとらしく
初めました

鏡で女の視線が部屋の
方に向いているのが
わかりました

女は途中で手を止め
じっとこっちを
見ていました

その時のその女は
相当性欲が溜まって
いるのか僕を挑発
するような服装
でした

長めの白色の
タンクトップ
のような大きめの
寝巻姿

赤いパンティーが
下から見ると丸見え
でした

僕が射精する瞬間も
じっと見ていました

僕はオナニーが終わると
その女の行動がどう
出るか見たかった
のでした

僕は外に出て道路に
バイクを引っ張り出し
エンジンをかけて
女にわかるように
触っていました

暫くするとブルマの
ようなピチピチの
ショートパンツを履いた
ノーブラでTシャツ姿
ハイヒールサンダル
を引っかけた姿で
女は道路の角から
現れました

僕の目の前をケツを
わざと降りながら
横目で僕を見ながら
ゆっくりと一旦通り
過ぎ僕が無視して
いたら振り返って
戻って来ました

バイクを挟んで
反対側にヤンキー座り
して股を広げて僕に
向かって言いました

「ねえ、お風呂って
何処に行ってるの」
「銭湯だったら教えて
 アパートのお風呂
狭いの」
「バイク乗せてよ
 海行きたいな」
等、脈絡のない話を
1人で始めてゆっくり
時間をかけて僕に体を
見せつけていました

僕は女の股間をじっと
見ていましたが女は
わざと手の平を股の
所にあてがい上下に
動かしていました

「ねえ、よかったら
 私の部屋においでよ」
「シャワーあるよ、
 汗凄くかいてるし」
と勧められたので
お姉さんの言葉に
甘える事にしました

バイクをアパートの
部屋の前に戻して
お姉さんの後に
ついて行きました

鉄の階段を上がる時
お姉さんのパンパン
になったケツを見上げ
て行くと踊り場に
上った時にお姉さん
に言われました

「ここからあなたの部屋
 窓開けると丸見えよ」
「見ちゃったわよ~
 エロ本見てると」
「気持ち良かった?」
とニヤニヤしながら
僕に言い寄って
きました


僕はお姉さんの部屋に
上がって正直に
「シャワー貸して
 下さい」と
大人しく言いました

お姉さんはどうぞ
と言った感じで
貸してくれました

タオルを忘れたの
ですが後で声かけて
借りればいいと思い
そのままシャワーを
浴び始めました

そしたらいきなり
お姉さんは扉を
開き言いました
「はいこれシャンプー」

石鹸とシャンプーは
既にあったのですが
わざとらしく新しい
のを持って来てくれ
ました

直ぐに今度は
「はい、タオル」
と言いながら
いきなりまた
扉を開けてそのまま
僕の下半身を見て
言いました

「若いのね、さっき
 オナニーしたのに
また立ってる、ふふっ」
と言って
数秒見つめていました

次にはお姉さん大胆
行動をして来ました

「ねえ、もう洗った?
 今度私が入るから」
と言いつつまだ完全に
シャンプーを洗い
流していない時に
お姉さんは素っ裸で
浴室に入ってきました

僕は恥ずかしそうに
早く洗い流して
タオルを持って
浴室を出ました

お姉さんは言い
ました
「恥ずかしがら
なくてもいいのよ」
っと

僕は外に置いてあった
バスタオルを腰に
巻いてそのまま
台所の椅子に
座っていました

テーブルの上に
缶ジュースが置いて
あったので後で
お金渡せばいいと
思いジュースを
飲みました

小さいタオルを
肩にかけ、バスタオル
で腰を巻いたままに
していました

数分後お姉さんが
浴室から出て
来ました

その格好は小さい
タオルで腰を巻いた
だけで上半身は
オッパイ丸出し
でした

僕が「アッ」と
言ったらお姉さん
は言いました

「だってバスタオル
 君の腰にあるじゃん」
僕は引っかけられたと
思いました

お姉さんは言いました
「少しバスタオル
 かして上を拭くから」

僕は腰のバスタオル
を取って渡し小さい
タオルで前を隠しま
した

特に恥ずかしくは
無いのですがその
方が年下の大学生
の若者らしく見られ
そうだったので

お姉さんは上半身を
拭くと腰の小さい
タオルを外して
バスタオルを体に
巻きました

そして椅子に座り
ました

ジュースを一個
飲んだことを言うと
「いいわよ~」
っと返事

お姉さんは足を
組んでケツが
丸見えになるくらい
に太ももを見せて
くれていました

僕はチラ見をし
黙っていました

「ねえ、パンツ
 履かないの?」
と言ったとたんに
前を隠していた
小さいタオルを
引っ張り僕は
素っ裸にされて
しまいました

お姉さんは
ニヤニヤして
言いました
「私の前でオナニー
見せて~代わりに
私の裸見せてあげる」
と言いバスタオルを
下に落とし素っ裸に
なって椅子の上に
「体育座り」をし
おマンコが丸見えに
なりました

僕は、床に横になり
そのままオナニーを
始めました

お姉さんは体に僕の
視線を感じたのか
股を開いて僕に
見せてくれました

しばらくお姉さんの
身体をジロジロみて
オナニーしていました
がお姉さんが
椅子から降りてきて
僕のおチンチンを
目を大きく開けて
見つめながら自分の
おマンコに手をあてて
触っていました

お姉さんの息が
「ふ~ふ~」と
少し荒くなったのが
わかりました

僕がオナニーを
続行していると
おチンチンの
先から透明の
液が出てきました

それを見てお姉さん
は暴走を始めました

「ねえ、触らせて」
と言い勝手に僕の
おチンチンを握り
手コキを始めて
もう片手で僕の
身体に抱き着く
ようにして触り
まくっていました

お姉さんは僕に
キスをしてきて
暫くベロを吸い合い
ました

お姉さんは口を
離すとそのまま
僕のおチンチンを
咥えてフェラを
始めました

ママよりも下手で
したが僕はお姉さんの
頭を押さえてそのまま
オナニーのように
おチンチンを
しごきました

そのままお姉さんに
何も言わずに思い切り
口内射精して
やりました

「ゴメン、出ちゃった」
と僕が言うと

「いいのよ、若いから
我慢できなかったん
でしょ」っと優しく
言ってくれました

お姉さんは僕に
聴きました
「ねえ、君の部屋に
 よく綺麗な人来る
でしょ~、あの人
誰?」

「あっ、ママです」
っと正直に言いました

お姉さんは少し驚いて
興味深々に聞いて
きました

「お母さんなんだ~」
「若くて綺麗だよね」
「スーパーで見た事
 あるし~」
「でも、夜は一緒に
 寝てるの?ママと」
と聞いてきたので
正直に答えました

「はい、そうです」
「一緒に寝てます」

お姉さんは更に
僕に言いました

「お母さんって、夜
 声結構大きい声
出すのね、あれって
君と“やってる”の」

お姉さんは、僕とママが
セックスをしているか
聴きたいようでした

僕はまた正直に
言いました
「ママは、感じやすい
から、結構激しいです」

お姉さんは“うんうん“
と頷き言いました

「ママとセックス
してるんだ」
「ママの事好きなんだ」
「他の女の人とは
セックスしないの?」
と言ったので僕は嘘を
言いました

「うんママと以外は
 セックスは無いです」
と言うとお姉さんは
嬉しそうに笑いながら
言いました

「じゃあ~、私と
エッチしよか」
「ママに内緒にね」
「怒られちゃうから~」
と言いつつ僕の手を
引っ張るように寝る
部屋に行きベッドに
僕を仰向けに寝かせ
たと思ったらいきなり
騎上位になって跨り
ました

既にお姉さんの
おマンコはエッチな
汁が出てきていて
僕のそそり立った
おチンチンを掴んで
コンドームを口で
被せてくれて
そのまま交尾
お姉さんは一生懸命
腰を上下に振って
いました

ママと違って
ド素人でした

僕は体を起こして
お姉さんの乳を吸い
乳首を弄んで
いました

お姉さんは僕が
久しぶりの男らしく
数回逝って三回目
位に僕が射精しました

お姉さんは少し
僕に抱き着いた
まま僕の上で
余韻を楽しんで
いたので僕はキスを
してあげました

「ママとはコンドーム
 してるの?」
と聞いてきたので

「生で中出しです」
「ママは僕の為に
ピル飲んでるから」
と言うとびっくりして
いました

お姉さんは続けて
聴いてきました
「ママ~オッパイ
って叫んでるみたい
だけど母乳は出て
ないよね」

「ママは母乳出やすい
 体質なのと僕に母乳
 飲ませたくてホルモン
 投与してるから」
と正直言いました

僕はお姉さんの反応
を見ていました

「へ~、近親相姦って
 本当にあるんだ」
「でも女としては
羨ましいかな」
「彼氏がもしマザコン
でも許すけど、その
代わり私を“ママ”と
呼んで欲しいな」
と言ってまた僕と
エッチしたいと言う
意思表明を遠回しに
言っているように
聞こえました

結局この女とは
ママがいない時の
代わりのおマンコ
として精液を生で
中出しする仲に
なりました

勿論ピルを飲んで
いました

この女とのセックス
行為の出来事のママへの
報告は当然しました

ママは言いました
「その女、ママが来て
いる時に僕ちゃんの
部屋に呼びなさい」
「シゲとママのセックス
 現場を見せてあげま
しょうよ」
と淫靡な笑みを浮かべて
何か企んでいました

ママはレズビアンです
僕とママの母子相姦
現場へ呼んで3Pを
しようと考えている
のだと思いました

その後その女は
ママと僕のセックス
交尾最中に部屋に来て
性欲に火が付き
僕のおチンチンを
咥えてきて3Pに参加
しました

その時ママが持って
きた“ペニスバンド”
でママに犯されて
いました

その時僕はその女の
アナルを攻めて
前と後ろから
同時に挿入され
SM調教もしました

ママとレズ行為
SM調教を女に
3Pで丸2日間
性生活を3人で
行いました

レズアナルセックス
の喜びをママから
直接体に覚え込ま
されて性癖が少し
変わりました

その後の僕との
性行為の時には
アナルセックスを
僕に求めるように
なりました

彼氏は故郷にいる
ようでしたので
2年くらいで故郷に
帰って行きました

普通の結婚をした
つもりが性癖が
普通ではなくなって
いましたので
1年と少しで離婚

子供が出来て
いましたので今の
シングルマザー
になり田舎では
住めなくなった
ようでした

また大都会に
舞い戻って子育て
の為SM風俗嬢
をしていました

今ならば30代後半の
人妻熟女風俗嬢に
なれたのですが当時は
まだ熟女はSMの世界
が普通でしたので
プロにSM調教を
受けてその道でしか
セックスの喜びを
感じなくなった
ようでした

僕の所へも遊びに
来て都会のSMクラブ
で働いていると
教えてくれました

かなりのドM変態に
変貌していました

僕には感謝していた
ようで思い切り
僕にご奉仕して
くれました

セックスって人生
変えちゃうんですね
凄いですけれど
いいですね人の
本性が素直に出せる
人生の方が幸せです

僕はママの中年女性
相手の性教育のおかげ
で複数の主婦の
セックスフレンドが
在学中に出来ました

ママのおかげで
ママとセックス
出来ない時は
ママと同じような
年齢の女性が僕の
セックスの相手を
してくれていたので
大学時代は楽しかった
です

僕はマザコンを
カミングアウトして
オバサン達に
「ママって呼んでいい?」
と聞くと皆さん快く
「ママ」っと呼ばせて
くれました

主婦なので当然
家では「ママ」
「お母さん」って
呼ばれ慣れているので
何の抵抗も無かった
ようです

これが若い女だと
面倒なんですよね。

中年主婦との
セックスライフは
続きます

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。