FC2ブログ
2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママ近親相姦

kage

2017/08/13 (Sun)

07_2_006mi.jpg

母子相姦大好き!
高齢ママ大好き

変態中年息子
江呂塚貫蔵です。

高齢実母、ママ
お袋、お母さん、

かあさん、が
大好きな母子相姦
ファンの皆様
07_1_031ma.jpg
こんにちは。

いかがおすごしで
しょうか。
08_3_032yo.jpg
--------------------
FC2 PROF02
ママは僕のおチンチン
下半身を十分なリップ
サービスでビンビンに
勃起させた後

母乳を噴出させたまま
僕に跨ってきました


ママは性欲が高まると
自動的に母乳の出方が
増えるようです
27481.jpg

ママの母乳が自然に
出ている姿を見るのは
女としては当然なのですが
大学生の息子から
見ると以上に興奮する
卑猥な光景に見えて
僕は大好きになりました

ママのおマンコは
立に少し長くどちらか
というと前付きです

陰唇も縦に長く
男をいつでも
受け入れるように
花弁が開いて
いるような
貝が開いているような
ママが股を広げると
陰唇は自然に左右に
開いておマンコの
秘部が指で開かなくても
丸見えになるような
感じです
0001

陰唇は使い込んで
黒い色素が定着して
非常に卑猥な陰唇に
見えますが
僕はこの陰唇を舐めるのが
大好きで
ママに
「シゲ~舐めなさい~」
と言われると嬉しくて
仕方がありません

ママのおマンコは
勃起したおチンチン
ならば、手を使わなくても
騎上位で腰を前後に振ると
自然におチンチンを
おマンコの陰唇で
真ん中にホールドし
そのままおマンコの
穴をママが緩めると
「ニュルン」っと入ると
言うより吸い込む
ような感じで
交尾できます

勿論その時ママの
おマンコは愛液で
ベトベト状態です
01

ママから僕への
母乳サプライズの
お礼として今度は
ママの好きなように
主導権をママが
握り思い切り
腰を振って快感を
得て貰います

ママは仰向けに
寝ている僕の上半身
のシャツを脱がせて
僕もママも素裸になり
ママは僕に抱き着き
ママの肌と肌を密着
させ息子を独占している
感覚を得たかったので
しょう

ママは僕の顔の
上に開いた陰唇を
持って来て言いました
「シゲ~ママのあそこ
舐めて舐めてお願い~」
「思いきり刺激してね」
03

ママのおマンコは
愛液でテカテカに
光り、滴が今にも
垂れそうなくらい
淫美にテカって
いました

そして充血したような
敏感な感覚になっているのか
僕のベロの先が
陰唇に少し触れただけで
ママはのけ反って
いました

「あんッ、もうダメ
感じちゃう~ママ」
僕は予告も無く
そのままママの陰部に
顔を埋めるように
密着させベロでマン筋を
上下に舐め、鼻で
クリトリスを刺激し
ました
0020

「あ~、ああ~、あ~っ
ダメー、シゲ~ママダメ
もうダメよん、ダメダメ」
「いい~、いい~いい~の
そこそこ、あん、あん、あん」
もうママはアパートの住人に
丸聞こえな位に悶え声を
上げていました

僕はベロの先を細めて
ママの子宮の入り口まで
少し突っ込み、レロレロ
と刺激しました

「ひい~ン、アッツは~ン
へえ~ン、いい~いい~」
「あがが~ん、ふえ~ん」
「へん、えん、えっへ~ん」
もう言葉になっていない
ママのよがり声が狭い
部屋に響いていました

ママはそのまま腰を
下ろし僕の顔に体重を
そのままかけてママの
陰部を僕の顔に密着させ
そのまま、ママは
前後に腰を振って
いました
0031
「ああああ~ん、
あああああ~ん、
いっく~いっく~
ママ、いっく~」
と叫んだと思ったら
ママのけ反って
自分の胸を揉みながら
顔をあげて顎を突き出し
痙攣気味になって
そのまま、脱力した
状態になりました

ママが逝った瞬間です
いつになく激しい
ママの雄たけびでした

ママは直ぐに膝立になり
今度はおマンコを
僕の股間に押し当てる
位置まで下に下がながら
途中僕に乳房を吸わせる
ように僕の口に乳首を
押し付け言いました

「シゲ~、ママの
オッパイオッパイ
一杯一杯吸って~ん」
「強く吸ってほしいの~
ママの乳首刺激して~ん」
「おマンコジンジン
しちゃうのオッパイ
吸われると」
0029

ママの言うとおりに
僕は大きく口を開けて
乳房に食らいつき
強めに吸いながら
乳首をベロで刺激
しました

「へえ~ん、へえ~ん
いい~いい~もっと
吸って吸って~ん」
「赤ちゃんの時みたいに
むしゃぶりついて~ん」
「あの時ママすごく
感じちゃってたのよ」
「シゲにオッパイあげる
時が一番感じてたのよ
ママは~」
「好き好き、シゲ~
もっとママのオッパイ
あげるから、吸って~ん」

僕は口を少し小さくし
乳首を集中的に吸い
そして少し歯をたてて
甘噛みしました

「いい~、いい~
いい~ん、もっと
もっとよ~、強く
噛んで~」
「ママ、乳首噛まれるの
好きなの~大好き~」
と言いつつ僕の顔に
乳房を押し付けて
グラインドさせていました
0091

腰もグラインドさせて
僕のおチンチンの一部が
ママのクリトリスに
あたるようにママは
手を使わないで
腰を押し付けて来ました

ママの両手は僕の頭を
抱え思い切り僕に
乳房を押し付けて
いました

ママの母乳は最高潮に
噴出し、僕が咥えて
いない方の乳首からは
「ビュービュー」と
いうような感じで
枕元に勢いよく飛び出て
います

ママは言いました
「もっと吸って、吸って
吸いまくって~ん」

僕は言いました
「そんなことすると
ママの乳房に
歯型とキスマークが
着いちゃうよ
いいの~ママ~」
0029

「シゲ~いいわよ~
ママの胸元、シゲの
キスマークと歯形
一杯一杯付けて~ん」
「シゲ~愛してるわ~」
と言いながらママは
悶絶していました

僕はママの首筋、鎖骨の
あたり、胸のあたり
乳房の上部に甘噛みと
強く吸いながらキスを
して、色白のママの
肌に真っ赤になるくらい
愛のキスマークを
付けまくりました

ママは片方の手で
おチンチンをさぐり
ながら、腰を少し
浮かせて、子宮の
入り口に僕のそそり
立ったおチンチンの
先端をあてがい
陰唇の間に挟み込み
ました

こうなるとママが
腰を下ろしただけで
そのままママの子宮に
僕のおチンチンは
吸い込まれるように
入って行きます
062

男が女を犯す時の
挿入行為と言うより
ママが僕のおチンチンを
子宮に飲み込む
吸引行為と言った
方が正しいと思いました

ママは思った通り
そのまま腰をゆっくりと
子宮の入り口から
奥へおチンチンが
入って行く挿入感を
楽しむように
途中で一回止めて
少し上下にピストン
運動をするように
していました

「ああ~、あああ~ん
入ってる、入ってる
シゲのおチンチン
ママのおマンコに
入ってる」
「いやらしい子
シゲ~、ママに
エッチな事して
いけない子ねシゲ~」
0084

「シゲのぶっとい
チンボがママの中に
入ってるの~、
いいわ~ママいい~
最高~幸せ~」

と言い卑猥な言葉を
ママ自身が言い
僕に聞かせて恥ずか
しい思いをすることで
性欲感情を高めている
のです

ママは一気に腰を落とし
ママの子宮奥の
壁に僕の亀頭が
ぶつかるくらいまで
腰を落としました

「あああ~、ああ~ん
あたってる、あたってる
シゲのおチンチン
ママの中であたってる」
「いい~、いいのよ~
シゲ~腰浮かしてママを
突いて突いて~ん
もっともっとよ~」
090

僕は少し腰を上下に
動かして、ママの
子宮奥の壁に亀頭が
あたるように下から
ママを突きあげました

ママは子宮内で
亀頭が子宮の壁に
あたっているのが
わかっています
FILE6651.jpg

「ああ~、ああ~
ああああ~ん、いっく~
ママ逝っちゃう~」
「シゲ~シゲのおチンチン
ママをいじめてる~」
「ひい~、ひい~ん
いっく~、いっく~
いっく~、いいい~」
と叫びながらママは
腰を完全に落とし
やはり腰をガクガクと
痙攣させて、
絶頂感に達し
逝きました

そしてしばらくは
僕に倒れ込み
上半身を重ねたまま
僕にキスを要求し
余韻を楽しんで
いました

ママのセックスは
母乳が出るように
なってから、
性感が強くなったのか
より一層
激しい交尾
なってきました。

FILE5971.jpg

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。