FC2ブログ
2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママ近親相姦

kage

2017/06/26 (Mon)

08_3_021yo.jpg

母子相姦大好き!
高齢ママ大好き

変態中年息子
江呂塚貫蔵です。

高齢実母、ママ、
お袋、お母さん、
08_3_032yo.jpg
かあさん、が
大好きな母子相姦
ファンの皆様

こんにちは。

いかがおすごしで
しょうか。
08_3_007yo.jpg
ーーーーーーーーーーーー
0007_20170610221409ce5.jpg
今日は月曜日
普段は金曜の
午後から、月曜の
朝までがママとの
「夫婦性活」だが

土曜日に、妻君の
実家の野暮用で
引っ張りだされたので
ママとの愛の営みに
邪魔が入り、土曜からの
ママと交尾プレイと
なってしまった
04
月曜は仕事を放棄し
日曜の夜からママと
深夜、野外プレイに出かけ
変態露出プレイを
楽しんだ

月曜の真夜中に
そのままママと
ラブホテルに入って
月曜の午前の遅い時間まで
ラブホのスペシャルルームで
ドロドロのセックスを楽しんだ

今週は、ママは僕の
肉便器奴隷に成り下がって
いたので、スカトロプレイ
まで楽しんだ
勿論、野外でもママを
辱めた。
0050
月曜、ラブホを出る時は
持ってきた、ママの衣装
ペラペラの生地の、マイクロミニ
の黒のボディコン1枚姿で
ラブホを出て、下町の
ファミレスに入って
モーニングを食べ
そのまま、成人映画館に
入った。

日曜の深夜は、普通の
生活空間とは違って
同じ街中でも、異空間
に感じ、ママも異常に
興奮していた

普通の人は日曜の
夜は、ファミリーで
凄し、月曜に備えて
早めに家に帰るが

街には、日曜仕事の人
不規則な生活を
している人、ニートの
ような若者。
日曜の夜中に街中で
ブラブラしている女を
狙ってナンパしている
怪しい連中がいて
なかなか普段見られ
ないような雰囲気が
楽しめる

僕も早く、無制限に
遊べる身分になりたい。
貧困ではなく、余裕をもって
人とは違った異空間の
世界で生活したい。

日曜から月曜の深夜は
人が圧倒的に少ない
繁華街でも店は
もうやっていない
0086
ビル影、監視カメラの無い
雑居ビルの踊り場等
野外露出プレイを
する場所がこんなに
沢山あるとは、普段では
気が付かなかった

狭い路地では
ママを素っ裸にして
イチジク〇腸を3本ほど
注入し、ノーパンのまま
オッパイ露出させ
暫く歩いて散歩させ

「ねえ、ママもう我慢
 出来ない漏れそう」
「トイレ行きたい」
と言いだすまで
我慢させ、そのまま
路地裏へ連れ込んで
電柱に、手を付かせ
ケツを後ろに突きださせて
下半身丸出しにして
排出させた。

ママは
「ああ~、ああ~だめ~」
「恥ずかしい~、こんなの」
「ママ、ウ〇チだけじゃなく
オ〇ッコも出ちゃう」
と言いながら、
エクスタシーを
感じているのか
腰をクネクネさせながら
我慢していたが
0029
僕が
「ママ、ここいい気持?」
と言いながら、ママの
愛液で、ヌルヌルになった
クリトリスをつまんで
刺激したら、スイッチが
入ったのか、最初は
オ〇ッコをチョロチョロ
出したが、急に勢いよく
「シャ~」っと噴水の
様に出し
「ママもう止まらない」
「もう逝っちゃう~」
と呻いていた

オ〇ッコは止まってからも
ママは、電柱に両手を
付いたまま、そのまま
じっとしていたが
「ぷ~」っとおならを
したと思ったら
今度は、アナルから
液体が、にじみ出てきて
路面にポタポタ落としていた
061
それも数秒で、
今度はアナルから
イチジクの液体が
少し茶色い色をして
「ピュ~」っと
出た
その液体も勢いが
落ちて、ママの太ももを
伝って、ママの足は
アナルから出た茶色い液体で
ベタベタになって
ピンヒールサンダルまで
濡れていた

粒の瞬間、ママは
僕のビデオカメラの
撮影中の前で
とうとう排出を始めた
最初は、
「プッ、プッ、プッ~」
っと音をたてたあと
「ブリブリっ」っと
茶色い塊を
勢いよく、飛び出すように
「ブっ」っと音を立てて
一個、二個と空間に
飛ばした。
033
都の後は、柔らかくなった
「軟ベン」を丁度、
チューブから、押し出すように
「ニュルニュル」とした
感じで、イチジクの液が混ざった
状態で、アナルから、排出
していた

「ああ~、あああ~」
「ママ、ママ、気持ちいい」
「最高よ~、いい気持」

僕は言った
「ママ、全部、ビデオで
撮影してるから、後で
一緒に見て楽しもうね」

「やだ~、ママ恥ずかしい」
「こんな、恥ずかしいの
 感じる~、見て見て」
「お願い、ママの恥ずかしいとこ
シゲ君に見られるとママ
感じる、逝っちゃう」
「ママ、ご褒美欲しいの」
「お願、後で、アナルに
ぶち込んでね、シゲ君の
おチンチン」
011
「ママ、頑張ってもっと
沢山出すから」
「出る、出る、見て見て~」
と、もうママはトリップして
訳の分からない言葉を
発していました。

そのまま、チューブから
ひねり出したような
茶色のドロドロの半ネリ
状の「クリーム」は
ママの太もも、膝裏、
ふくらはぎを、ヌルヌルと
伝い、暫くママの異様な
ポーズと、なるから出る
異物を僕は楽しんだ

クリーム状の排出が
泊まるとまた、茶色の
液体が、少しでて
最後は
「ブッ、ブブ~」っと
屁が出て、終わった

僕はそのままママの手を
引いて歩かせた

ママの下半身は
ママ自身からでた
排出物で足が
ドロドロ状態であった

近くに公園があったので
そこに入り、数組
カップルがいたが
そのまま、親子の
会話で
「ママ、こんなにお漏らし
しちゃって、恥ずかしい」
と言いつつ、スカートを
めくったまま、
ティッシュであらかた
カップルの見ている
まえで、拭いて見せた
0041
その後僕は言った
「ママ、お風呂入らないと
汚いね、僕が新手上げるから
ママ、これからラブホテル
行こう」

ママは、僕に合わせるように
カップルに聞こえるように言った
「え~、息子とラブホテル行くの」
「一緒にお風呂入るの恥ずかしい」

「ラブホテルってセックスする
場所でしょ」
「親子で入れるの?」

僕は言った
「いいの、ママにはご褒美
沢山上げるからね」

「じゃ、ママ、行く~」
「シゲ君優しくしてね
ママの事、可愛がって~ん」
こんな言葉を普通に
会話していた
006
カップルはこっちを見て
さげすんだ目で見ていた

ママとの僕は
日曜の深夜に
型を抱き合いながら
暗闇に消えていった。

日曜の夜中から
月曜の朝は楽しいですね。

僕は、学校が嫌いだったので
日曜の夕方は嫌いだったです

大学生の時に自由な
身分の時、初めて
日曜の深夜の楽しみを
知りました
035
早く、胸を張って
普通の人が、働いている
時間帯や、仕事の為に
休んでいる時間に
遊んでいられる身分に
なろうとそれを目標に
頑張っていました。

もうすぐ、目標圏内に
入れる時期も近いと
思います。
004

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。