FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

カテゴリ:ママを独り占め の記事リスト(エントリー順)

kage

| |

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママ近親相姦

kage

2017/07/22 (Sat)

08_1_041ya.jpg

母子相姦大好き!
高齢ママ大好き

変態中年息子
江呂塚貫蔵です。

高齢実母、ママ
お袋、お母さん、

かあさん、が
大好きな母子相姦
ファンの皆様
08_2_007yu.jpg
こんにちは。

いかがおすごしで
しょうか。
07_1_002ma.jpg
ーーーーーーーーーーーー
大学時代の僕は
精力は結構あった


大学に入る前の
受験勉強時代
校外テストが終わって
解放感も手伝って
禁欲の枠が外れると
夜のオナニー
ストレス発散した

時々夜中にママ
気が付いて、僕の
部屋に来てくれて
ママのが口で
フェラをしてくれたが
それでも精力は
尽きず、ママ
オナニーを見て
もらいたくて、
ママが夜食を持って
きてくれる時に
わざと、オナニーして
ママが部屋に入って
来た時に、隠す振りを
して、そのまま、射精して
床に精液が滴り落ちる
所を見せたりもしました
FILE11452.jpg

その夜中には、また
ママが僕の部屋に来て
「さっきの続きを見せて」
と言うと僕は嬉しくて
ママに、思い切り
おチンチンに、唾を
垂らしてもらい、ママの
唾液ローションで、思い切り
勃起したおチンチンを
しごいて、勢いよく
真上に向かって、
「ビュッ、ビュッ」っと
射精する姿を見せて
いました

僕はママが自分のオナニー
姿を見ていてくれると
安心感と、嬉しさが
混在して、ストレス発散
が出来ました

ママは、僕の部屋に
来るときは、下着姿で
来ていましたので
僕のオナニー
手伝いと言いながら
パンティーを脱ぎ
上半身は、乳房を出して
触らせてくれました
FILE10457.jpg

家族が別の部屋に
いましたので、小声で
「ママ、ママ~」っと
言いながら
「ママ、出るよ出るよ」
と言いながら、ママに向かって
射精したこともあります

射精の後は、ママが
口で、綺麗に舐めて
くれていましたが、
僕にはまだ精力が
あったので、そのまま
ママのお掃除舐めが
フェラチオに変わり
もう一発ママの口の中に
思い切り射精していました

ママは嬉しそに
笑みを浮かべて
薄暗い僕の寝室で
精液を飲み込んで
くれていました。

それでも、僕の
精力は衰えず
毎日ママをオナペットに
し想像しながら
オナニーしていました
FILE10558.jpg

最高回数は、休日の1日
で9回オナニーしたことも
ありました

大学に入ってからは
ママが僕のアパートに
性教育指導に遠征して
来てくれましたので
ママの着た時は
ほぼ3日間朝昼関係なく
ママの肉体を使った
セックスの実施訓練
でした

夫に裏切られた
口惜しさと、ママの体に
刷り込まれた、変態ドM
性癖を僕が穴埋めを
するような感じで
ママに甘えながらも
ママの性欲を満たして
上げていました。

最初は、僕のセックス
テクニックではママは
まだ欲求不満でしたので
セックスの回数で
ママには我慢して
もらいました

ママとのセックスは
1日で最高6回僕は
射精しました
ママは、多分20回は
逝ったと思います

半年もママの性の
指導を受けると
僕も次第に、射精しないで
ママを逝かせることが
出来るようになりました

全てママの言うがままに
おしえて貰って、女性の
扱いは覚えました
FILE10550.jpg

ママも、アパートに
来るたびに、志向を
こらして、いろんな
アソビを教えてくれました

トイレプレイも
教えてくれました

夜中にママと
交尾している時に
ママがトイレに行きたい
と言いだしたので、
「僕、ママと一緒に
トイレに行きたい」
と言うと、ママは
僕の手を引いて
アパートの和式
トイレに入りました

ママは壁に、手をつき
ケツを後ろに向け
僕に言いました
「シゲ、ママのケツを
持って後ろから
おマンコにお〇ンチンを
入れて」

僕はママの言うとおりに
当時のママの少し
崩れた体型の肉付き
の良いケツを抱えて
「パンパン」と音を
立て思い切りママを
後ろから突き上げて
いました
FILE7308.jpg

ママは、段々気持ち
良くなってきたのか
うめき声をあげて
腰をクネクネと
動かしながら
よがっていました

トイレに来た目的は
用を足しに来たので
ママは、僕とバック
スタイルで交尾しながら
そのまま、小さい方の
用を足しました

ママと結合したまま
ママは用を足すので
便所の中はママから
でた、オ〇ッコで
水たまりが出来ました

ママは用を足すと
今度は、和式便所に
反対向きに跨り
股を広げて僕の方を
向き、ママの陰部を
見せつけながら
ママ自ら、お豆を
刺激して僕を挑発
していました

僕は、フル勃起して
立ち上がりママの
顔の前に僕の
お〇ンチンをもって
行くとママは
いろんな液体で
ベタベタになった
ペ〇スを勢いよく
咥えて、しゃぶりまわし
頬ずりをして僕を
刺激していました

暫くすると、ママは
口から僕の息子を
出して、立ち上がり
僕に抱き着きキスを
してきて言いました
FILE7306.jpg

「シゲ、ここでたった
まま、ママとしよっ」
っと

僕はママの片足を
持ち上げて、ママの
子宮に挿入し
そのまま壁にママを
押し付け、ママに
正面からピストン
運動をしました

ママは僕より背が
小さかったので
ママは片足を背伸び
していましたが、
壁にママの背中を
押し付けていると
段々ママの体が
持ち上がってきて
ママの両ひざの
下に僕が腕を
突っ込み、ママを
持ち上げるように
なりました

ママは、僕の首に
腕を回して、抱き着きながら
ディープキスの嵐です

ママの背中は、壁に
くっついていましたが
これがママに教わった
最初の「駅弁」の
変形スタイルでした

ママはスリップ1枚
だけでしたが、下半身は
剥き出しで交尾状態

上半身は僕がママの
スリップを剥ぎ取って
いましたので上半身
は乳房剥き出しで
僕はママのオッパイ
「チューチュー」と
音を立てて思い切り
かぶりついて吸っていました
FILE18883.jpg

ママが僕のアパートに
来た時は、僕はママに
好きなだけキスマークを
付けていいよとママに
言いつけられていました

その時は、まだママが
相当な、変態ドM女とは
認識していませんでしたが
ママの体を自由に出来、
ママに好きなだけ
吸い付いて、ママの
全身にキスマークを
付ける事は、僕には
物凄く嬉しいママの
指導でした

ママが僕のアパートに
いる時は、ママと外出
時は、ママは20代から
30代前半の夜の商売
をするような服装で
僕と平気で電車に
乗ったりして、僕とべったり
方をよせて恋人のような
恰好で歩いていました

ママは、大きく胸の
開いた、ペラペラの
シャツで、前の晩に
僕がママの胸元に
付けたキスマークを
隠すことなく、赤く
僕の歯形がついた部分を
誇らしげに披露していました
FILE11474.jpg

電車の中での会話は
「シゲ、ママの胸に
こんなに吸い付いちゃって
もう、甘えんぼなんだから」
とか言いながら、笑顔で
僕の顔を覗き込み
僕の頭を撫でながら
抱きよせていました

電車のベンチシートに
座っている時は、ママは
ミニスカートを履いていることも
気にしないで、思い切り
足組を頻繁に繰り返し
パンティー丸見えで
周りの人の表情を
見て楽しんでいる
ようでした

最初は僕は少し
恥ずかしかったですが
ママの事は大好き
だったので、ママの
息子であることを隠さず
合わせるように
「ねえ、ママ~」っと
会話するようになり
ママと外出するのが
楽しみになりました。

僕の大学生活は
ママを始めとして
熟女相手の学生生活
を送る事になり
後に、年上女性の
方が、女性としては
美味しい事を体に
刷り込まされました
FILE11624.jpg

ママはある時言って
くれました
「ママ、シゲを産んで
よかったわ、息子は
可愛い、体で素直に
愛せるしね」
僕もママに言いました
「僕もママの子で
よかった、うれしいよ、
ママとセックスできる
息子はそうそう
いないよね」
っと

この頃から本格的に
僕とママは相思相愛
で愛し合うようになりました

ママ、40代
僕20代
熟れた体の油の
乗りきった女
それが、実母である
ママ

僕が、女性の穴だったら
何でも突っ込みたくなる
年代で、精力絶倫年齢
息子
FILE11369.jpg

ママがセックスのメインの
相手だったので、僕は
変な女に捕まらず
真面目に卒業して
まともな人生を送れたと
いまでも思っています

なので、高齢になった
現在のママでも、
気持ち良く愛し合える
母子仲なのです

僕の中では、
夢精をしたころの
30代前半のママの
肉体

大学時代にむさぼった
女盛りのママの肉体

この時間が止まった
ままなのです

もう肉体も、垂れ切った
ママも、僕のママなので
甘えたいし、いつでも
可愛い息子でいて
あげたいと思っています
090

ママの体、肉体は
永遠の女神様か
魔女ですね、
僕にとっては

僕は幸せですね

0028

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。